スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取材を受けて歳をきかれて、自分が何歳だったか一瞬飛んじゃうんだよね
多分44歳です…


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/30(日) はれ


午前、書道教室
今日の浜先生の選別

20130630_sen.jpg

---

昼前後
ぐるぐるピース市に少しだけ顔を出す
地域のつながりがいいね

ゆもっちの「自給農園 めぐみの」の野菜を買った
おいしいよ、ありがとう

20130630_1

---

午後、八ヶ岳自然文化園で開催された
長野県助産師会の「2013国際助産師の日」
「聞こう話そうイクメンパパのお話」に参加
3人のトーク、わたしはトップバッターでおはなしさせていただきました
次の、パパ’s 絵本プロジェクト伊那「絵本ライヴ」 の倉科さん
そして、信州育メンズの古畑さん
ともにうなずけるおはなしでした

子どもたちのことを想う男性たちが信州(近く)にいることを知ったこともうれしく
会場の空気もあたたかい雰囲気でうれしく
参加できて感謝しています

長野県助産師会のみなさん、関係者のみなさん
来てくれたみなさん、大本さんと丸山さんとご友人
ありがとうございます

「おいしい家」の弁当もおいしかったです
ごちそうさまでした

20130630_2.jpg
(片付け後の一枚)

---

18日ぶりに家でひとり晩酌中
おつかれさまということで、たまーにはいいことにします…


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

少しだけ書
臨書、半切
王羲之『楽毅論』

しかし、途中で娘たちに占領される


20130629_5.jpg
20130629_6.jpg
20130629_7.jpg


今日は集中力が続かず、そういう時は切り上げるとする


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

明日6/30(日)
長野県助産師会の「2013国際助産師の日」のイベントで
少しおはなしをさせていただきます

20130630_josanshikai.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/29(土) はれのち夕立のちくもり


20130629_1.jpg
20130629_2.jpg
20130629_3.jpg

20130629_4.jpg


・明日のプロジェクタ投影用PDFデータ作成終了

・「おやじのえほんよみきかせ」の立て看板がぼろぼろになってきたので
 新しいのをつくる、サイズは少し小さくして

・「大切な人に伝えようプロジェクト(仮称)」の試し撮影


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

今は6/29(土)、夜中の2時
近所の家の犬が夜からずーーーと吠えている
泣いているといった方がいいか
もう何時間になるだろう
泣きつかれているのにやまない
飼い主が不在でさびしいのか、何かを訴えている

うるさいけど、人間の泣き声にも聞こえて、かわいそう

---

わたしは日曜日中のイベントで話すための原稿づくり
プロジェクターで投影するスライドのPDF
75ページ程になりそう


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/28(金) くもり


涼しい
この季節は梅雨だけど、一年の内で一番過ごしやすくて結構好き
金曜の朝は「おやじのえほんよみきかせ」


20130628_1.jpg
20130628_2.jpg
20130628_3.jpg
---
20130628_4.jpg
---
20130628_5.jpg


【おやじのえほんよみきかせ 154】玉川小学校3年1部
・『このよで いちばん はやいのは』
・『くいしんぼうのあおむしくん』

【おやじのえほんよみきかせ 155】玉川保育園 (ゆり組・年長)
・『こわーいはなし』
・『じごくのラーメンや』

---

先ず、午前8時25分から小学校

『このよで いちばん はやいのは』をよんでいる時に
校長先生が教室の後ろの方でこっそりときいてくださった
かなり脱線したよみきかせだったけれど、おとなも惹かれる内容だ
帰り際、校長先生より「わたしも想像力を涸らさないようにします」とのおことばをいただく

『くいしんぼうのあおむしくん』は1975年発行の絵本
わたしが幼稚園年長の頃に出会った絵本、だから大好きで、いつもよみきかせでよむ
わたしが好きだからというのもあり、子どもたちが物語に惹き込まれていくのを間近で感じるとうれしい

絵本って面白いね、楽しいね

---

午前9時からは保育園
毎回違うクラスで読む、ぐるっと一周まわって今日は年長クラス

「こわい絵本よんでー」とのリクエスト
よんだのは『こわーいはなし』と『じごくのラーメンや』
だけど、どちらもこわくなくて愉快

あっという間のよみきかせ

絵本って面白いね、楽しいね


よみきかせをすることによって
一週間に一度、朝の気持ちいい時間に
子どもたちや先生方に会う機会が持てるということは
ありがたいこと

自分をひらくことができる

自分はどちらかという、とこもるタイプだから
たまに、がちょうどいい


みんな今日もきいてくれてありがとう
先生方もありがとうございます


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

わたしの好きな、原村にあったパン屋 hygge (ヒュゲ) 、原村では店を畳み、2013年4月に西荻にオープンした

わたしはhyggeのクロワッサンが好き


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

書道って、根気というか、その人がどれだけ書くことに向かったか
その証が記さている、と感じる

そこにあらわれている

理屈じゃない


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

虐待のニュースは毎日やまぬ

それが日本


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

人間は生きもの、睡眠が必要、寝ないと死ぬ

この地球の大地の上で生かされている存在だ


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

『水のないプール』


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/27(木)

あー、なぜか徹夜

前からやってみたかったことをやってみよう、ということで下準備


20130627_message_1.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

味噌汁がおいしい


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/26夜中、断酒二週間
6/27午前様〜早朝の書

臨書、孫過庭「書譜」より
半紙に四文字


20130627_rin_shofu_1.jpg

20130627_sho_1.jpg


---


6/26、夜

やっとお礼状を書き上げる


20130626_momosesensei.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

信濃毎日新聞 地域欄 (2013/6/25) に
「思わず手にとるチラシづくり喫茶」のイベント記事を掲載していただきました
ありがとうございます


20130626_sinmai_flierkissa_1.jpg

20130626_sinmai_flierkissa_2.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/26(水) ほぼ一日雨

うれしい気持ち


20130626_1.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/25夜中の書、午前様で6/26

臨書、顔真卿「争座位文稿」より
半紙に四文字


20130625_rin_sozaibunkou_1.jpg


今日はここまで
1日、1〜2種程のペースか
(遅いね…)


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/25(火) はれのちくもり、時々雨

断酒13日目

臨書、(後漢)「張遷碑」より
半紙に四文字
夜から再開


20130625_rin_chosenhi_2_2.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

自分で決めるて行動することが大事
それを「自律」という


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/24夜から6/25朝までの書


臨書、(後漢)「張遷碑」より
半紙に四文字

20130625_rin_chosenhi_1.jpg

20130625_sho_1.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)


冷たい雨
今は小雨
静かな夜


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

「富岡不撓です」

声に出して、落款を書きまくって、作品を生み出して、そこに記して、世の中に送り出して、誰かから呼ばれて…
徐々に馴染んでいくんだろう

まだまだこの雅号が自分の名になっていない

当たり前か

「雅号は育ててゆくもの」という百瀬先生のことばの通り

これからの自分次第なんだ

自分次第というところが、書の面白さだと、いつもそう感じる


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/23(日) はれのちくもり、時々小雨

午前、書道教室
今日の浜先生の選別

20130623_sen.jpg


本日、百瀬大蕪先生より雅号をいただいた

百折不撓(ふとう):何度も失敗してもたわまないこと、心がかたく困難に屈しないこと

百折不撓より「不撓」が
書家を目指すわたしの雅号となりました

富岡不撓

この雅号を名乗るたびに、書家をあきらめないという気持ちになる
そして、今のこの支配と対立の世界の中で、共生と非対立の世界をあきらめないという
自分自身の生き方にもあてはめることができて、不撓ということばが染み入る

百瀬先生、ありがとうございます
浜先生、ご指導をお願いいたします






20130623_1.jpg


午後、娘の少し早い誕生日のお祝いに
家族で富士急ハイランドへ

子どもたちは満足してくれたかな?
生まれてきてくれてありがとう


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/22、夜の書

臨書、虞世南「孔子廟堂碑より」
半紙に四文字


20130622_rin_koshi_1.jpg


今日はここまで


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

しばらくは家でのひとり晩酌は控える
呑まないといろんなことができる
酔うと、今日の日はさようなら


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

断酒10日目


6/22、午後の書

智永、千字文より「寓目囊箱」
半紙に四文字、草書


20130622_senjimon_so_1.jpg

20130622_sho_1.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/21、夜の書

智永、千字文より

「寓目囊箱」
=目を囊箱(のうしょう)に寓(ぐう)す。
=本屋の店頭で箱の中の書物を読みあさった。

半紙に四文字、楷書と行書


20130621_senjimon_kai_1.jpg
20130621_senjimon_gyo_1.jpg

20130621_sho.jpg


ちょっと暴れ過ぎな感じか
今の自分が、書になにかをぶつけている気がする


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/21、雨がつづく

色校正が届く

20130621_10.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/21(金) くもりときどき小雨


睡眠時間1時間半で何とか起きて
金曜朝の「おやじのえほんよみきかせ」


20130621_3.jpg
20130621_1.jpg
20130621_2.jpg
20130621_4.jpg


【おやじのえほんよみきかせ 152】玉川小学校3年1部
・『かわうそ3きょうだい』
・『地獄』

【おやじのえほんよみきかせ 153】玉川保育園 (未満児2クラス分集合) 
・『あんぱんまん(1976年5月・フレーベル館)』
・『もりのおばけ』


二週間ぶりのよみきかせだった

『かわうそ3きょうだい』は3年1部のみんなに
声に出して全てよんでもらった
即興でそうなった、なかなか面白かった

二歳の子らには『あんぱんまん』は少し長いけれど
脱線しながらもきいてくれた
「じゃむおじさん」のことも教えてくれた
最後は全員とハイタッチして「またくるねー」

やっぱり子どもたちはエネルギーのかたまりだ

みんなありがとう
先生方もありがとうございます

---

『内部被ばくを生き抜く』を観てくださった澤田園長
情報と問題意識の共有をありがとうございます

福島原発事故は現在進行形
放射能もれの量は増えつづける

ここ日本
子どもたちを守るのは国の役目じゃなく
わたしたちおとなの役目

みんな当事者なんだ

地球上ではおとなも子どもも全て地球の子だ
人生80年程、その瞬間に何残そう

数億年も消えない、人間には手に負えない放射能
相手にするのはもうやめようよ

人が人を支配する世界も終わればいい

地球をつづけたいならば

なんて言ったって
人間は愚かで大きなうねりはうねりのまま進む

じゃあ俺は、地球時間のこの瞬間にどう生きる?

結局そこに還る


誰かと笑っていたいね


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/20(木) くもりときどき雨

松本まで電車
説明会に参加
今年はどうなりますか
やるだけやってみよう

帰りに市民館へ寄る
美術館で収蔵作品展「地域をみつめる-対話-Ⅲ」を鑑賞
早出守雄さんの水彩画に惹かれた
事務所のスタッフのみなさんにごあいさつ
地域にはなしができる人たちがいることはありがたい
美術やものづくりに関わるはなしなら、なおさらだ


20130620_1.jpg


今日は電車の中で『墨』バックナンバー182号「金子鷗亭と詩文書の未来」をながめていた
昨日だったか、毎日書道展近代詩文書部の入選証が届いていた

おとなになって書を始めて一年七ヶ月程
書の世界にぐっと惹かれて書家になりたいと思うようになった
詩文書といわれる分野に特に惹かれている
改めて、どうしたいのか、ぼんやりもの想う

書家といってもさまざまで
創作して表現して、意思表示する手段として肌に合っている気がするんだ

道は永い

でも、その方が面白い


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/19、夜中の書


智永、千字文より

「寓目囊箱」
=目を囊箱(のうしょう)に寓(ぐう)す。
=本屋の店頭で箱の中の書物を読みあさった。

楷、行、草、先ずは反故紙で全体感を掴む


20130619_sho_1.jpg


少しだけでも筆を握る
酒を呑んでないから書ける
家での断酒をつづけよう


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/19(水) 夜に向かい、小雨になる


断酒一週間

呑みたい気持ちもあるけれど
0か100かの男ですから…


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/19(水) はげしい雨


即興、ぱぱぱのぱっと描く

20130619_terakoya_2.jpg
20130619_terakoya_3.jpg


今日もデスクワークで缶詰…


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/18(火) はれのちくもり


仕事で缶詰
夕方で電池切れ


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

アトリエにアリの姿
増殖中

ここはきみたちの来るところではないよ


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/17(月)

午後、メール復旧
サーバを変えることを検討する

---

断酒5日目
ずっとかどうかは分からないけど
家でひとり晩酌は控えることにした

その分、書と創作への時間にまわす


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/17

恐らくサーバの問題で、メールを受信できないようです
原因確認中、復旧に少しお時間いただきます


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

今、わくわくできて挑もうという気持ちになれるのは
書道の世界かな


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/15(土) くもりのち晴れのち雨 〜 6/16(日) 雨のちくもりのちはれ


20130615_1.jpg
20130615_2.jpg
20130615_3.jpg

20130616_1.jpg
20130616_2.jpg

---

20130616_4.jpg
20130616_3.jpg

20130616_5.jpg


諏訪での書道研究会、花蕪の会に参加
今回は百瀬大蕪先生の書燈社理事長退任慰労会も行われた

慰労会はとてもあたたかな会となった
百瀬先生の大きくおおらかな人間性と愛情の深さに打たれた

雅印をいただいた
その手仕事の数と時間、エネルギー
取り組む姿を想像する

書は人也、だと感じた


研究会では、先生方の献身な取り組みに打たれた
参加される方々の姿勢に刺激を受けた
毎回、参加して感じることが増えてゆく

百瀬先生、上野先生、枝折先生、山保先生、小口先生、玄城先生
そして、浜先生、幽梦先生はじめ、書燈諏訪ブループのみなさん
遠方より参加されたみなさん

お世話になりました、ありがとうございます
書燈社に出会えて本当にしあわせです

---

終わって
家族に迎えに来てもらう
近くの諏訪湖畔で少し遊ぶ
ラーメン屋で夕食をとる
ラーメン屋の子ども部屋で姉妹が騒いで遊ぶ
静かになったと思ったらよみきかせをしている
その姿、ほほえましい

家族の理解と協力にありがとう

---

みんな生きている

わたしは書家を目指します


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

書燈誌、月例課題、詩文書までいかないか

書くか書かないか、やっているかやってないか

書は自分を映す

だからいい

だめだめだ

もっともっともっともっと、書いている人がいる


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/14夕方〜夜の書

智永、宝墨軒本千字文より
草書、半紙に四文字

20130614_senjimon_so_1.jpg

20130614_4.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/14


色校正が届く
朱墨が届く
入稿5件完了


20130614_2.jpg
20130614_3.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/14早朝の書

智永、宝墨軒本千字文より
行書、半紙に四文字

20130614_senjimon_gyo_1.jpg
20130614_senjimon_gyo_2.jpg

20130614_1.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

その2

20130613_senjimon_kai_2.jpg


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/13の書

智永、宝墨軒本千字文より
楷書、半紙に四文字


20130613_senjimon_kai_1.jpg


「耽讀翫市」
=耽読(たんどく)して市(いち)に翫(あそ)び、
=後漢の王充は洛陽の市場に出て、


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/13(木) くもり


20130613_1.jpg


佐佐木實くんから手漉きの和紙が届く

わたしが書を始めたもんだから、いろいろと考えてくれた
その気持ちうれしいよ、ありがとう

---

今のわたしの書への取り組み方
もっとエネルギーを注ぐ生活スタイルにしないと
書家への道は遠い

どうする?

どんなことも、自分の選択だね


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

教えてもらったよ!
↓↓↓

銀座ニューキャッスル 辛来飯(カライライス)ブログ


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

惜しまれながら閉店した
銀座の辛来飯(カライライス)の店「ニューキャッスル」が
三代目としてオープンするんだって

学生のころからの大ファンで
銀座の伊東屋に画材を買いに行った帰りにいつも寄った

ひとりカウンターに座り
蒲田を頼んで赤ワイン呑んで、その後、ルーだけ注文して
かへいおじいさんとはなしをした

懐かしい思い出だ

まだ新店舗の場所はきいていないけど
教えてもらったら、東京に行った時には寄ってみようと思う

あの店でしか味わえない味
あの人でしかつくれない味

料理って、人が手でつくるもの
愛も入っているね


(ひとりごと風ブログ by ふみ特)

6/12(水) くもり時々パラパラ

今朝は月一回の小泉保育園でのよみきかせ
MTBで青々した山肌をながめ、涼しい朝の散策気分
新年度初は年長組からまわる


20130612_1.jpg
20130612_2.jpg
20130612_3.jpg
20130612_4.jpg
20130612_5.jpg


【おやじのえほんよみきかせ 151】小泉保育園 (ひまわり組・年長)
・『地獄』
・『じごくのラーメンや』


今日の二冊はどちらも「地獄」の絵本
最初に『地獄』をよんで、地獄絵をみながら「悪いことをするとこうなるぞー」と
ある意味、おどしのような内容で、どうかなとも思えるけれど
その絵は気になってしまう迫力と魅力がある
こわがる子もいれば平気な子もいた

その次に『じごくのラーメンや』をよんだ
「じごくってしってる?」という出だしに
みんなは「しってるよー、さっきみたもん!」て感じで
絵本のつづきがこわくなるかと構えていた子もいたけれど
この絵本は全然こわくなくて、むしろ笑いがいっぱいで面白い

同じ地獄の絵本でも、二冊の内容が全然違うから、絵本って面白いと思う

子どもたちも最後は安心していたようだ

こわいものはこわいよね
面白いものは面白いよね
みんなラーメン好きだよね

結構長い時間のよみきかせだったけれど
「もっとよんでー」「あしたもきてー」といわれた

ありがとう、また来月くるね
(でも今度は年中組の番だけど…)

足りないくらいがいいよ

みんな、今日もきいてくれてありがとう
先生方もありがとうございます


「おやじのえほんよみきかせ」は
子どもたちや子どもたちを囲むおとなたち
そして絵本から、こちらが元気をもらっています


追伸:じごくのラーメンやの「ちのいけラーメン」を食べてみたいです…


(激辛大好き、ひとりごと風ブログ by ふみ特)
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。